Categories
News

中国の旅客機が墜落 習主席が重要指示

21日午後、中国東方航空の旅客機が広西チワン族自治区の山間部に墜落しました。旅客機には132人が乗っていましたが、けが人など詳しい状況は分かっていません。

中国の航空当局によりますと、墜落したのは中国東方航空5735便、ボーイング737で、日本時間の午後2時すぎに中国南部の雲南省昆明を出発し、広東省広州市に向かう予定でした。

旅客機には乗客123人と乗員9人のあわせて132人が乗っていたということですが、けが人などの情報はまだ入っていません。広州の日本総領事館によりますと、「日本人が乗っていたという情報は今のところ無い」としていて、引き続き情報収集を進めています。

事故を受けて、中国の習近平国家主席は重要指示を出し、捜索と救助に全力を尽くし、事故の原因を一刻も早く究明するよう求めました。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。