【マイルで還元】ANAのふるさと納税のメリット・デメリットは?

ふるさと納税を行うことができるポータルサイトに、ANA(全日空)が運営しているふるさと納税サイトがあることをご存知でしたか?

『ANAのふるさと納税』は比較的新しいふるさと納税サイトですので、知らなかったという人も多いのではないでしょうか。

今回は、ANAが運営するふるさと納税サイトである『ANAのふるさと納税』のメリットとデメリットを紹介しながら、『ANAのふるさと納税を利用すべきおすすめの人』を解説します。

ふるさと納税を考えているという方は、ぜひ最後までお読み下さい。

ANAのふるさと納税の特徴

ANAのふるさと納税は、航空会社である全日空が運営しているふるさと納税サイトです。

そのため、全体的なサイトの雰囲気や返礼品の種類などが、一般的なふるさと納税サイトとは一味違う作りとなっています。

一度実際のサイトをご覧いただくと良いでしょう。

では早速、そんな『ANAのふるさと納税を利用するメリット』を紹介します。

ANAのふるさと納税のメリット

寄附金額の1%をマイルで還元!

ANAのふるさと納税を利用する最大のメリットが『マイルでの還元』です。

ふるさと納税サイトによっては、寄附金額の数%をポイントやAmazonギフト券で還元してくれる場合があります。

それはそれで嬉しいのですが、『マイル』というのは他のポイントにはない魅力があり、ふるさと納税で『マイル』が手に入るのは『ANAのふるさと納税』だけです。

とはいえ、普段マイルを使わない人にとっては、『マイルってポイントとは何が違うの?』って感じですよね。

…ということで、『ポイントではなくマイルで還元を受ける重要性』について解説します。

寄附金額の1%をマイルで還元!の重要性とは?

マイルというのはポイントにはメリットがあります。

そんなマイルの最大のメリットこそが『換金率の高さ』です。

現在では多くのポイントが普及していますので、多くの人が『1ポイント=1円』というイメージを持っているでしょう。

たとえば、『100楽天ポイントは100円の価値に相当』し、『1000Amazonポイントは1000円の価値に相当する』ということです。

では、『1マイルの価値』とはいくらなのでしょうか?

1マイルの価値はいくら?

マイルのメリットは『特典航空券』と引き換えることができるということです。

特典航空券というは、『マイルで航空券を手に入れることができる』というサービスです。

この特典航空券を利用することで、マイルの価値は『1マイル10円以上』になります。

たとえば、国際線ファーストクラスを利用する場合のANAマイルの価値は、ざっくり『1マイル8円〜15円程度』になります。*)旅行先やシーズンなどによって変化します

つまり、特典航空券を利用することで、マイルの価値というのは『1マイル=1円』ではなく、『1マイル=10円以上』にもなり得るのです。

旅行が好きという人やビジネスでの移動が多いという人は、マイルを賢く利用することで、出費を大幅に節約することができます。

そして、納税によってマイルを手にいれることができるのが、『ANAのふるさと納税』の魅力です。

ANAのふるさと納税のデメリット

ANAのふるさと納税は、ふるさと納税サイト(ポータルサイト)の中ではまだまだ新参者です。

ANAという大きな基盤があるため、サイト自体の安心感は他のふるさと納税サイトとも遜色がありませんが、新規参入者であるために、『選択できる自治体や返礼品が少ない』というデメリットがあります。

しかし、ANAのヘビーユーザーやマイルを貯めたいという人にとっては、『ANAのふるさと納税』は非常に強力なサービスであるため、『まずはANAのふるさと納税で返礼品を探す』というイメージで利用すると良いでしょう。

先にも述べたように、マイルの価値というのは、利用する方法によっては様々であり、『1マイル10円以上になります』。

つまり、『ANAのふるさと納税』で1%のマイル還元を受け、賢く上手にマイルを利用することができれば、その還元率は10%にも20%にもなるということです。

ANAのマイルを貯めているという人にとっては、『ANAのふるさと納税』を利用しない理由はありませんよね。

ANAのふるさと納税がおすすめなのはこんな人!

  • ANAのマイルを貯めている
  • 国内・海外旅行好き などなど

ANAを普段から利用しているユーザーやマイルを貯めている人だけではなく、旅行が大好きでこれからマイルを貯めたいと考えている人は、『ANAのふるさと納税』を検討してみてはいかがでしょうか。

おすすめの記事