au PAYふるさと納税のメリット・デメリットとは?

ふるさと納税を行う際には、ふるさと納税サイトとよばれるポータルサイトを利用するのが一般的です。

しかし、納税ポータルサイトは数種類存在し、各サイトによって特色やメリットが異なります。

加えて、「どのサイトが一番良いのか?」という疑問に関しては、各個人の状況によっておすすめのサイトが異なるため、一概にこのサイトが良いという結論を出すことは難しいです。

しかし、せっかくならば、『少しでもお得に』ふるさと納税がしたいですよね?

だからこそ、各ポータルサイトのメリットとデメリットを知っておく必要があります。

そこで今回は、『au PAY ふるさと納税』という、auのKDDIグループが運営するふるさと納税サイトを紹介します。

『au PAY ふるさと納税』を利用するメリットとデメリットを紹介しながら、『au PAY ふるさと納税』をおすすめできる人を解説します。

お得にふるさと納税がしたいと考えている方は、ぜひ最後までごらんください。

『au PAY ふるさと納税』の特徴

au PAY ふるさと納税』はKDDIが運営しているふるさと納税ポータルサイトです。

そのため、KDDIのサービス利用者(auの電話回線を利用しているなど)にとっては、メリットが大きいサイトとなっています。

より詳しく『au PAY ふるさと納税』を利用するメリットを紹介します。

『au PAY ふるさと納税』のメリット

  • auポイントが活用できる
  • Pontaポイントが使える
  • Pontaポイントがたまる

『au PAY ふるさと納税』を利用するメリットは、auポイントPontaポイントにあります。

各ポイントを寄付金として利用できるため、ポイントで納税ができるということになります。

auユーザーはもちろん、Pontaポイントを貯めているという人にとっては、非常にお得に利用できるサイトであるといえます。

Pontaポイントが貯まるのは『au PAY ふるさと納税』だけ

Pontaポイントを貯める(使う)ことができるのは、『au PAY ふるさと納税』だけです。

ポイントを日常生活で賢く利用するコツは、各ポイントを分散させないことにあります。

  • クレジットカードのポイント
  • ガソリンスタンドのポイント
  • Amazonポイント
  • 楽天ポイント
  • Pontaポイント などなど

各ポイントをバラバラに集めてしまうと、上手に活用できなくなってしまいます。

そのため、お得にポイント生活をするためには、自分が決めたポイントを集中的に貯めるのがおすすめです。

たとえば、Pontaポイントを日常的に貯めているのであれば、ふるさと納税でもPontaポイントを狙うのがよいでしょう。

特に、ふるさと納税は、数万円から十数万円(場合によってはそれ以上)という単位での支払いになるため、通常の買い物よりも多くのポイントが貰える可能性があります。

そんなふるさと納税だからこそ、自分の貯めているポイントに合わせたサイトを選択することが重要です。

auユーザーやPontaポイントユーザーは、『au PAY ふるさと納税』を利用することで賢くポイントを貯めることが可能になります。

『au PAY ふるさと納税』のデメリット

『au PAY ふるさと納税』のデメリットは、返礼品の選択肢が少ないことにあります。

大手ふるさと納税サイトと比較すると、参加自治体数や返礼品の数が物足りないように感じます。

とはいえ、十分な数の返礼品数がありますので、『au PAY ふるさと納税』が気になる人は、一度サイトをチェックしてみるとよいでしょう。

Pontaポイントユーザーは『au PAY ふるさと納税』!

  • Pontaポイント利用者
  • auユーザー

Pontaポイントを活用できるのは『au PAY ふるさと納税』だけです。

日常的にPontaポイントを利用しているという人は、一度『au PAY ふるさと納税』を検討してみてはいかがでしょうか?

おすすめの記事